慶應義塾大学病院
外科学教室
外来担当医表
メールはこちら

慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 上部消化管班

ロボット手術

臨床研究のご協力
研究実績
リンク
HOME»  ロボット手術

ロボット支援手術とは

ロボット支援手術は、内視鏡手術支援ロボットを使用して行う新しい内視鏡外科手術です。
内視鏡外科手術、つまり従来腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術などと呼ばれている手術は、患者様の体表にいくつか開けた小さな穴からカメラや鉗子と呼ばれる手術器具を体腔内に挿入し、モニターに映し出された映像を見ながら開腹手術や開胸手術(お腹や胸を大きく開ける手術)と同様の手術操作を行ないます。
傷が小さく術後の痛みが少ないため術後のリハビリが早くすすみ結果的に早期社会復帰ができること、手術中の出血量が少なくなることが大きな利点です。
安全性や長期的な治療成績は、現状、どちらで行っても変わらないと考えられています。
一方で、従来の内視鏡外科手術は、奥行き感の少ない二次元の画面あるいは奥行き感が強調されすぎる三次元の画面を見ながら、長くて関節がない鉗子を用いて行うため、技術的に難しく、やり手が育ちにくいという欠点があります。
その点を改善する可能性を有しているのが、内視鏡手術支援ロボットです。
当院ではda Vinci Xi Surgical SystemDVSS,Intuitive Surgical,Inc. 図1)を使用しています。
DVSSは解像度の高い自然な3次元画像、人の手関節よりも自由度の高い鉗子の関節機能、手振れ防止、手元で大きく動かしても鉗子の先では小さな動きになる機能など、従来の内視鏡外科手術の限界点を克服する複数の優れた機能を有し、これらの機能を活用することでより精緻な再現性の高い手術を行うことができます。
このロボットは欧米を中心にすでに医療器機として認可され、1997年から患者さんの治療に使われています。
日本では2009年11月薬事法に承認され、2012年にはDVSSによる前立腺全摘術が、2016年には腎部分切除が保険収載されました。
現在では、泌尿器科、婦人科領域を中心に世界で年間70万件以上のロボット支援手術が行われています。

DVSSを用いた胃癌や食道癌に対するロボット支援手術

日本では、胃癌や食道癌に対するロボット支援手術は保険収載されていません。
しかし、これまでに自費診療や先進医療でロボット支援手術を積極的に行ってきた施設のデータでは、胃癌手術にロボットを使うことで従来の腹腔鏡下胃切除と比べて膵液瘻を中心とした術後合併症発生頻度が減る可能性があることが示唆されています。
また、食道癌手術ではロボットを使うことで反回神経麻痺という術後の発声や嚥下機能に関わる重要な神経の麻痺を減らす効果がある可能性が報告されています。

当院におけるロボット支援下胃切除・食道切除について

当院では、ロボット支援下胃切除およびロボット支援下食道切除を倫理委員会承認のもと、臨床試験という形で行っています。
すなわち、一定の基準を満たし、かつ試験への参加を同意された患者さんにこの手術を受けていただき、従来の腹腔鏡下胃切除や胸腔鏡・腹腔鏡下食道切除と比べて安全かどうか、どのような効果が期待できるか等について詳しく調べています。
現在世の中で広く使われている薬や治療法の多くは、開発された当初にたくさんの患者さんのご理解とご協力のもとに行われた臨床試験でその安全性と効果が確認されています。

国内では、保険収載されていない診療は原則自費診療で行うよう義務づけられており、この臨床試験ではロボットを使うことで発生する費用のみならず、ロボット支援手術を行う入院期間中およびその直前・直後の外来診療で発生する全ての医療費(合併症が発生した場合の治療費も含む)全額患者さんに自己負担していただく必要があるため、患者さんの自己負担金額が高額になります。

ロボット支援下胃切除・食道切除をご希望される患者さんへ

ロボット支援下手術をご希望される場合は、外来で担当医にその旨をおっしゃっていただければ、詳しく説明させていただきます。
お気軽にお申し付けください。

慶応義塾大学病院
外科学教室ホーム
一般・消化器外科
PageTop