慶應義塾大学病院
外科学教室
一般・消化器外科
メールはこちら

慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 上部消化管班

特徴

リンク
HOME»  特徴

慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 上部消化管班のホームページへようこそ

上部消化管班では、おもに食道と胃の病気の治療・研究に携わっています。具体的な病気に関する情報や治療方法などは疾患のページをご参照ください。

私たち上部消化管班の特徴は色々ありますが、一番の特徴はみんな仲が良く明るいことではないでしょうか。実際に治療を受けられる患者さんにとって、そのような環境が最も大事なことの一つではないかと考えています。一般・消化器外科教授の北川雄光を責任者として、スタッフ・レジデント・基礎研究専門ドクターなどがカンファレンスを通して意思統一し、また情報を常に共有できる体制となっています。そのため、チームで患者さんの細部まで把握して最善の方法を検討し、実行することができます。

そして、センチネルリンパ節・低侵襲治療(手術)・良性疾患・悪性疾患など様々な分野において臨床・基礎研究を行ない、よりよい医療を患者さんに提供できるよう努力しています。
なかでも、センチネルリンパ節(詳しくはこちら)に関しては世界で初めて胃・食道などの消化管領域の「がん」に対して研究をおこない、良い成績を収めてきました。低侵襲治療としては腹腔鏡手術・胸腔鏡手術・内視鏡治療を初期から積極的に導入してきました。そして、その豊富な経験を生かして、患者さんの体に負担の少ない治療を行っていく予定です。

さらには、多くの診療科をもつ総合病院であることは、大きな強みです。外科という視点だけではなく、内科・放射線科などと合同カンファレンスを行ない、緩和ケアチーム・コメディカル(医療にかかわる医者以外の職種)の意見なども取り入れて、ひとりの患者さんについて最終的な方針を決定しています。

また、外科にこられる患者さんは一つの病気だけを患っていないことが少なくありません。例えば、もともと心臓病や腎臓病などの治療を行ないながら、手術などの治療を考えなければならない患者さんもいらっしゃいます。 そうした患者さんでは、手術前の検査の段階から循環器内科であったり、腎臓内科であったり、様々な専門の診療科と一緒になって診療にあたり、手術の後もしっかり管理を行なうことができます。また、麻酔科(ICUやペインクリニックの専門でもあります)との連携で手術中の全身管理から、術後の痛みをフォローしたり、大きな手術後に集中的な管理を必要とするときにはICU(集中治療室)で専門医による徹底した管理を行なうことができます。

そのように一般・消化器外科 上部消化管班の中だけでなく、診療科・コメディカル同士の風通しもよい環境であることは患者さんのよりよい診療につながると考えています。

もしわからないことや心配なことがありましたら、どんなことでも構いませんので、私たちにおたずね下さい。外科の医師だけで解決できないことは他の職種と相談の上、問題を一つ一つ解決していきます。大切な患者さんの情報を共有しながら最善の対応を提案させていただきます。

慶応義塾大学病院
外科学教室ホーム
一般・消化器外科
PageTop