慶應義塾大学病院
外科学教室
一般・消化器外科
メールはこちら

慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 上部消化管班

単孔式腹腔鏡手術

リンク
HOME»  単孔式腹腔鏡手術

単孔式腹腔鏡手術

腹部手術は開腹手術と腹腔鏡手術の二つに大きく分かれます。腹腔鏡手術では腹部に4、5箇所程度穴をあけます。さらにそこにカメラや鉗子などの手術器具を通し、カメラの画像をみながら手術を行います。このような腹腔鏡手術は1990年代より普及してきました。

単孔式腹腔鏡手術はSILS(Single Incision Laparoscopic Surgery)やSPS(Single Port Surgery)のとも呼ばれ、文字通り、1箇所の傷のみで手術を行う腹腔鏡下手術のことをいいます。写真1のような、1箇所の傷からカメラと複数の鉗子を入れることができるポートを用いて行っております。傷をおへその中に作ると、傷跡は写真2のように、ほとんど目立たなくなります。


  • SILS™ポート
    写真提供:コヴィディエン ジャパン(株)

  • 写真2

単孔式腹腔鏡手術における最大の利点は、整容上優れていることです。一方で今まで腹部の様々な部位に入れていた手術器具・カメラをすべて1箇所に集中させた結果、手術操作は従来の腹腔鏡手術と比較して大きく制限されます。そのため単孔式腹腔鏡手術を行うためには高度な技術が必要とされています。また、すべての腹部手術が単孔式腹腔鏡手術の適応となるわけではありません。

これまで私たち上部消化管班では、全国に先駆けて胃GIST食道アカラシア逆流性食道炎の手術などに単孔式腹腔鏡手術を行ってきました。一方で癌の手術においては整容性よりも根治性を目指さなくてはいけない点から、現時点では単孔式腹腔鏡手術を行うことは制限されることが多いです。手術をこれから予定されている方で単孔式腹腔鏡手術に興味をお持ちの方は、まずは担当医へご相談ください。

慶応義塾大学病院
外科学教室ホーム
一般・消化器外科
PageTop